名古屋市の心理カウンセリングは、信頼と実績の くれたけ心理相談室(名古屋本部)

後藤 裕子 プロフィール

心理カウンセラー 後藤 裕子のご紹介

後藤裕子Hiroko Goto

後藤裕子カウンセラー

後藤カウンセラー公式サイト

・米国NLP協会認定マスタープラクティショナー
・メンタルケア学術学会認定メンタルケア心理士
・日本ケアフィット共育機構認定認知症介助士
・ひきこもり支援相談士
・HAL認定上級セラピスト
・国語教諭免許

【趣味】

読書(最近は「認知症」「精神障害」「自己啓発」等) 運動(軽いウオーキングや、ジムでストレッチなど) ドライブ(季節ごとに花や名物料理、温泉を楽しむ。 五平餅、みたらし団子、 焼き芋は必ず味見します)

略歴

1958 島根県松江市で出生
1977 大学進学を機に名古屋に転居
1981 大学卒業後、住宅総合商社にて事務職(6年)勤務
1986 出産のため退職し、育児や主婦業の傍ら趣味のバレーボールや英会話を学ぶ
仕事はベネッセコーポレーションちやれんじマザー、模擬試験の採点業務、子供英語教室
2003 子供たちが成長したためパート勤務開始
2009 体調を崩し退職。リハビリをしながら社会復帰の準備
2014 子供たちを社会に送り出したことを機に、自分の第二の人生に必要な資格を取得
2015 グループホームで、傾聴ボランティア・公文指導ボランティア、
くれたけ心理相談室(名古屋本部)でカウンセラーとして活動中

カウンセラーになったきっかけ

心理カウンセラー 後藤裕子私は、中学の頃から人間関係が何となく窮屈な感じがしていました。そして、それはみんな同じで当たり前だと思っていました。

しかし、進学を機に実家から出てみると、私とは違い自由に振舞っている人たちが沢山いることに気づきました。私はその時「何で○○じゃないの?」「○○べきでしょ!」「普通○○でしょ!」という思いがあり、周りの人との感覚のズレにストレスを感じていました。

その後、結婚して、子育て・仕事・病気などを経験しました。その中でも、「つらい経験」として記憶に残った事柄には、過去に刷り込まれた「信念」(自分だけの常識・ルール)が「他人支配」という悪い形で影響していたことに気づきました。

「気づき」がもっと早ければ、辛い事柄を引き寄せなかったのかも知れない、という思いがあります。
なので、悩みをお持ちの方に私の経験がお役に立てるのであれば、今より楽になっていただき、自分らしく笑って過ごせる時間を多くもっていただきたいと思います。

 好きな言葉

「何も咲かない寒い日は、下へ下へと根を伸ばせ。やがて大きな花が咲く」(故、後藤清一氏)

長く辛い時期に、友人が送ってくれた言葉です。おかげさまで乗り越えることができました。感謝です。

後藤カウンセラーのネット予約

 

ご予約フリーダイヤル AM9:00~PM9:00 TEL 0120-03-5905 WEB予約は24時間受付中(土・日・祝日も開室)
※留守電の際は「お名前・電話番号」をお伝え下さい

PAGETOP
Copyright © 名古屋 くれたけ心理相談室 All Rights Reserved.