後藤 富美子(ごとう ふみこ)のご紹介

後藤富美子カウンセラー

【資格】
・JADPメンタル心理カウンセラー ・JADP上級心理カウンセラー ・JADP家族療法カウンセラー ・JADPチャイルドカウンセラー

愛犬ソラ

【趣味】
・洋画やアメリカドラマのDVDを英語版(日本語字幕付き)で観ること
・愛犬Sora(ダックスとビーグルのミックス)と遊ぶこと

 

【私って】
とても“穏やか”だと思います。どの年齢層の方にもよく“話しやすい”と言われます

略歴

1953年 名古屋市で出生
1973年 短大を卒業後、某自動車メーカーのショールームにて1年間勤務
1974年 某百貨店の貴金属売り場にて6年間勤務
1980年 結婚を機に退社
1981年 長女を出産し、その子がダウン症候群で重度の心臓病と診断される。その後1993年までの12年間に次女、長男、次男を出産し、4人の子供の母となる
2014年 濾胞性リンパ腫と診断され、治療を開始(その後、寛解)
2015年 児童デイサービスの指導員となる
2017年 くれたけ心理相談室にてカウンセラーとして活動開始

シニアコミュニケーションサポーター(カウンセラー)への道のり

ダウン症の長女が生まれてからその生涯を閉じるまでの33年ほどの間、病院や学校、施設の先生方、そして私と同じ“障害児の親”という立場の方々など、本当にたくさんの方々に、母娘共々大変お世話になりました。

そのことに対する感謝の気持ちを何らかの形で表したい、世の中に対して恩返しがしたい、という思いから子供たちやその親御さんたちとも関わりの持てる児童デイサービスの仕事につきました。

そして、より深く心のサポートができればと思いカウンセラーを目指す決意をしたのもこの頃です。

そして、2017年より、ここくれたけ心理相談室で、心理カウンセラーとして活動をさせていただいております。現在は、シニア層の方々から多くの信頼を寄せていただいているという経緯から、シニアコミュニケーションサポーターという、65歳以上の方々への心のケアサポートの役割を頂戴しております。

後藤富美子カウンセラー

シニアコミュニケーションサポートとは